業者選びに役に立つペット関連事業に関連した業者をご紹介します。

ペット関連事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月15日 [FAQ]

トリミングでどんなカットの種類がありますか?

私は犬を飼っているのですが、トリミングをしてもらいたいと最近は考えており、できれば可愛らしいカットをしてもらいたいと思っているのですが、ペットのカットにはどういった種類があるのかよく分からないため悩んでいます。
そこで、犬をカットする際には、どういった種類が存在しているのか、それぞれの特徴について紹介してもらいたいです。

回答

さまざまな種類のカットスタイルがあります


犬は毛をそのまま放置しておいても特に問題はないのですが、犬の健康や快適さを考えるならばカットしてあげたほうがいいケースもあり、また、犬におしゃれなカットをさせることによって飼い主が満足できるという意味合いもあるため、カットは重要な問題となります。
たとえば、テディベアカットという方法があり、こちらはまるでぬいぐるみのようなカットを施すスタイルとなっており、毛足を短くすることによって毛玉ができにくくなるため、お手入れがしやすくなるのが大きな特徴です。
ただし、テディベアカットの場合は口の周りにある毛はそのまま残しておくため、何かを食べたときには口周りが汚れやすいという特徴があり、飼い主がこまめに口をキレイにさせる必要があります。
ピーナッツカットという方法があり、これは口周りだけボリュームを出すというスタイルであり、頭から口にかけてまるで8の字のようなシルエットとなっており、ピーナッツの形にも似ていることからこの名称がついています。
マイアミカットというスタイルがあり、こちらは足先としっぼに毛を部分的に残すというスタイルであり、セレブ感を出すことができるのが特徴となっていて、毛足の長い犬に適したカットスタイルです。
足回りにだけボリュームを残しておく方法としてブーツカットがあり、こちらは文字通りブーツを履いているかのような見た目になるのが特徴となっているのですが、足回りが汚れやすくなってしまうため気をつけましょう。
全体的に短くするスタイルはサマーカットと呼ばれており、こちらはショートスタイルであり、日本の暑い夏を犬が乗り切るための方法となっていて、犬はとても快適に過ごせるようになるでしょう。
子羊のような見た目になるように顔や足先の毛を剃り込むスタイルのことをラムクリップといい、こちらはプードルによく行われるスタイルとなっていて、汚れやすい部分を剃り込むことによってお手入れがしやすくなります。
このようにさまざまなカットスタイルが存在しており、犬種によっても適したスタイルは異なっているため、それぞれの犬に合ったスタイルを追求しましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク