業者選びに役に立つペット関連事業に関連した業者をご紹介します。

ペット関連事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年01月17日 [FAQ]

正しいペット霊園の選び方とは?

すでに主人を亡くしていて、私の寂しかった心を癒してくれて、生きる気力を再びもたせてくれたのが可愛い愛犬たちでした。
主人が生きている間は、ペットを全く飼ったことがなくて、犬を飼うことなど頭の片隅にもありませんでした。
息子夫婦が同居することを提案してくれましたが、私自身が気を遣うのが嫌でその話を断り、その後も一人で寂しくしている私を心配して、頻繁に様子をみにきてくれる息子やお嫁さんに、心配かけないようにするにはどうすればいいか考えて、飼い始めたワンちゃんのお陰で、私自身も驚くほど気持ちが明るく元気になることができて、その後も立て続けに2匹のワンちゃんを飼って、4人家族になることができました。
ペットを飼いはじめてからは、元気になった私を見て安心したのか、息子たちが家に来る回数は減りましたが、特にお嫁さんが犬好きみたいで、ちょくちょく顔を出してくれるようになって、私が体調を崩して病院に入院したときは、進んで家に泊まりに来て、愛犬たちを見てくれました。
しかし、先日最初に飼った愛犬に病気が見つかり、余命宣告されてしまいました。
まだ若いに残念でありませんが、せめてきちんと供養してあげようと思い、ペット専用の霊園を探しています。
亡くなったらきちんとお葬式も挙げてやるつもりですが、それも踏まえてペット霊園の正しい選び方を教えてください。


回答

場所や費用や雰囲気も大事なポイントです。


お葬式を挙げるということですので、まずはご希望に合った供養をしてもらえるペット霊園を選ぶ必要があります。
ペットの火葬の仕方には「合同火葬」「立会個別火葬」「一任個別火葬」と様々な種類があって、お葬式を挙げるということなら、立会個別火葬を選択することになると思いますので、プラン内容をしっかり確認しましょう。
ペット霊園を選ぶときには、場所がとても重要で、頻繁にお墓参りに行くのであれば、自宅から距離が近いか、交通の便が良いところがいいでしょう。
自宅近くの霊園なら、葬儀当日に送迎してもらえるところも多くなっています。
お金に糸目をつけないなら関係ないでしょうが、多くの方が気にされるのが葬儀やお墓や、それを今後維持していくのにかかる費用なので、事前にそれぞれどの程度のお金がかかるのかを、しっかり確認しておくことが重要になります。
霊園の雰囲気もとても大切なポイントなので、ご自身で足を運んで自分の目で確認しましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク