業者選びに役に立つペット関連事業に関連した業者をご紹介します。

ペット関連事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年07月15日 [FAQ]

ドッグシッターはどのように探せますか?

私は父の海外赴任により小学生の時から海外生活をしてきました。アメリカとドイツ、イギリスでの生活の中、それぞれの国の文化や習慣の違いを負担に感じることなく楽しく暮らせました。アメリカでの生活が一番長かったのですが、アメリカでは大きな犬を2匹飼っていました。私たち家族が旅行に犬を連れていけない時や日本へ帰省している期間などはドッグシッターに預けていました。週に一度、普段やりきれない部分の掃除などをしてくれるハウスキーパーが来てくれたり、そんなに費用がかからず専門の人に依頼出来る国でした。ドッグシッターは父の知人からの紹介でしたが、動物が好きな人で動物とのコミュニケーションや世話に慣れていて、預けている間も様子を連絡してくれていたので心配になったことは一度もありませんでした。犬を飼っている家が多いのか、ドッグシッターは数多くいました。日本に帰国してから少しして、中型犬と小型犬を飼い始めました。以前は何かあればドッグシッターに相談していましたが、日本ではあまりドッグシッターがメジャーではないのか簡単に探せません。便利屋さんのような所の人へ頼むのは気が引けてしまうので、どのように探せばよいか悩みです。日中、仕事で不在なので散歩を定期的にお願いしたいのですが、よいドッグシッターを探す方法があれば教えてください。

回答

全国に対応しているペットシッターサービス会社があります


核家族化や少子高齢化社会の影響でペットの数は増加を続け、ペットを飼っているご家庭が多くなっています。それに伴い日本のペット関連事業も拡大傾向にあり、様々なサービスを提供する会社や店舗が展開されています。動物のお世話をする「ペットシッター」は個人事業主として営業されている方と企業に属している方に分かれ、ネットでも簡単に探すことが出来ます。
個人で独立開業している場合は、「動物取扱業者」として都道府県に登録をしていて、資格を取得している方かどうか確認するのがまず大切です。中には無登録、無資格で行っている方もいて、動物の世話に対する知識がないにもかかわらず仕事を請け負っている場合があります。
日本ではペットシッターを職業とする人は正式な登録と申請が必須ですので、大切なペットを預けられる信用できる人かを判断するにも確認するべきでしょう。ペットシッターは利用者が外出中にお宅に入りペットのお世話をしますので、信頼関係が持てる人でないと依頼出来ません。個人の方、企業に属している方ともに、正式な資格を持ち、ペットシッター経験が豊富な方を選ぶのがよいでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク